トップページ > 海鮮本陣魚祭

外房の新鮮な魚介類を気軽にお楽しみいただける、カジュアルな和食です。
当店名物の地魚盛やびっくり海老天丼、まぐろのカマ焼など、 都会では滅多にお目にかかれない料理でいっぱいです。
カウンタ・テーブル席はもちろん、カップルやご家族連れのお客様に人気のお座敷(個室)や
ちょっと小粋なボックス席も ご用意しておりますので、勝浦観光の行き帰りに是非お立ち寄り下さい。

お昼は新鮮な地魚を使った刺身定食をはじめ、リーズナブルな定食や
ボリュームたっぷりの各種料金がお楽しみ頂けます。
夜は御膳物からお酒の肴まで、港町勝浦ならではのメニューを取り揃えております。
小宴会・商談にもご利用いただけます。

※全て税抜き価格です。

  • プラン一覧
  • プラン一覧
  • プラン一覧
  • プラン一覧
  • プラン一覧
  • プラン一覧
  • プラン一覧
  • プラン一覧
地魚7点盛

本日のお造り 7点

新鮮な地魚を中心に、匠の技でおつくりに致しました。上品ながらも、思いっきり良く大振りの切り身を盛り付けました。 ご飯セットはプラス350円にてご用意いたします。その日の仕入により魚の内容は変わります。

(1,820円)

金目鯛の姿煮

金目鯛の姿煮

勝浦といえば金目。白身魚の女王を煮魚で、濃い口の煮汁でお召し上がり下さい。(2~4人前の大きさです)。鮮やかな朱色の中から現れる白い身が、食欲をそそります。

(2,800円)

なめろう丼・房州さんが焼

郷土料理 なめろう丼・房州さんが焼き

地魚を叩いて、生姜・味噌で味付けした素朴な漁師料理「なめろう」。魚本来のおいしさを最大限に生かした丼です。なめろうを貝殻に詰めて焼いた、さんが焼もおすすめ。焦げた味噌が香ばしい逸品です。

(なめろう丼 1,300円/房州さんが焼き 930円)

灰干しの干物各種

灰干しの干物各種

たかが干物、とあなどること無かれ。知る人ぞ知る逸品、勝浦の最高級ブランド、灰干しの干物。魚の脂と旨みがぎゅっと凝縮されたその味は、きっと食べる人を笑顔にしてくれるでしょう。

(写真はサバの灰干し・900円)

海老天丼

海老天丼

大きな海老が丸ごと2尾入ったボリューム自慢味自慢のひと品です。
アツアツ、プリップリの食感をお楽しみ下さい。

(1,470円)

3,000円コース

3,000円コース

4,000円コース

4,000円コース

5,000円コース

5,000円コース

ネギトロ鉄火丼 1,350円

ネギトロ鉄火丼 1,350円

よくばり海鮮丼

よくばり海鮮丼 1,700円

なめろう丼

なめろう丼 1,300円

海老天丼

海老天丼 1,470円

さざえかき揚げ丼

さざえかき揚げ丼 1,250円

穴子天丼

穴子天丼 1,470円

地魚7点盛 1,820円

本日のお造り7点 1,820円

地魚5点盛 1,450円

本日のお造り5点 1,450円

さざえお造り 1,200円

さざえお造り 1,200円

ほっけ灰干し 900円

ほっけ灰干し 900円

さば灰干し 900円

さば灰干し 900円

房州さんが焼 900円

房州さんが焼き 930円

金目の姿煮

金目の姿煮 2,800円

金目の一尾煮 2,500円

金目

金目鯛は、1000メートルもの深海で光り輝く朱色を身にまとい、黄金色の目をきょろきょろさせている美しい魚です。
その優美な姿はさしずめ深海の女王。刺身でも、焼いてもおいしいですが、金目といったらやっぱり煮付けが一番。鮮やかな朱色の下には眩しいばかりの白身が現れます。
当店では刺身でも食べられる金目を、贅沢に姿煮でもお出ししておりますので、是非ご賞味くださいませ。

さば灰干し 900円

灰干し

干物といえば、天日干しが思い浮かびますよね。でもこの干物は一味違います。実は、灰干しという手間ひまのかかる製法で作られています。 開いた魚をセロハンで包んで、灰の中に埋めて乾燥させます。すると、余分な水分と臭みを灰が吸収してくれ、適度な水気と魚本来のうまみと脂がぎゅーっと濃縮されて閉じ込められます。
焼けば、香ばしい薫りとしたたりおちる脂が食欲をそそりますよ。

ネギトロ鉄火丼 1,400円

メバチマグロ

その名前の由来は、クリクリっとした愛らしい目からきています。勝浦では単に「バチ」と呼んでいます。そんなニックネームがつくほど馴染み深い魚のひとつです。下から読んだら「チバ」ですから、よほどご縁も深いんでしょう。
マグロの仲間は止まったまま呼吸ができないので、一生泳ぎ続けます。そのスタミナ、私たちにも欲しいですね。
生のまま刺身でも、煮ても、焼いてもおいしい「バチ」を食べて、スタミナを補給しましょう。

伊勢海老

伊勢海老

もともとは伊勢神宮のお膝元、伊勢地方で採れたことからこの名前が付けられ、縁起物として珍重されています。
現在、外房の大原・岩和田・勝浦などで採れるものは特に「外房伊勢海老」と呼ばれ、水揚量は由来の伊勢地方を抜き、全国トップを誇っています。
伊勢海老の食べ物は、主に貝、海老、カニ、魚など。実は私たち人間よりもずっとグルメだったりします。
刺身で独特の甘みを楽しむも良し、揚げてプリプリの食感を楽しむも良し、たっぷりご堪能くださいませ。

なめろう丼 1,200円

なめろう(なめろ)・さんが焼き

房州に昔から伝わる漁師料理で、魚を細かく刻んで、しょうが等の薬味・味噌を入れ、包丁で叩いたものです。
その昔、あまりに美味しいのに、粘りがでるのでどうしても皿に残ってしまう。行儀が悪いけれども、それを皿まで舐めてしまうことから、自然とこの名がついたそうです。
さんが焼きは、なめろうを貝殻などに入れ、焼いた料理。(当店では、なめろうとは若干味付けを変えてあります。)
味噌の焦げた香ばしさと、もっちりとした食感が独特です。
是非なめろうも、さんが焼きもお試しくださいね。