社員メッセージ

フロント 斎藤 翔 2014年入社
お客さまの「また来たよ!」の一言が
ホテルマンとしての僕を育ててくれます。

斎藤さんは昔からホテルマンに憧れていたんですって?

そうなんです。幼い頃、両親と共に宿泊したホテルで従業員の方が子供の私にまで親切丁寧に接してくれたんです。それがとても嬉しくて、従業員の方がキラキラして見えて。それで私もその人のように誰かを喜ばせるようになりたい!とホテルマンに憧れるようになったのです。念願かなって、フロント配属になりましたが、最初は失敗の連続で落ち込んでいました。そんな私を救ってくれたのは先輩の「初めから出来る奴なんていない」という一言でした。この言葉に励まされて、またイチから頑張ろうという気持ちになりました。

自信満々の笑顔を見ていると、想像できないです!

いやあ、今も自信ないです。でも、一緒に働く仲間はもちろんのこと、お客さまにも力をもらっていると感じます。「楽しかった! また来るね」って言われると本当に嬉しいし、「斎藤さん、また来たよ」って名前で呼ばれると、ちょっと自信になります。今では、お客さまとお話ししながら周囲の様子に気を配れるようになりました。当社はお客さまの数が圧倒的に多いので、ホテルマンとしての経験をたくさん積めるから、成長も早いんだと思います。

その成長の喜びを、ぜひ後輩にも伝えてください。

そうですね。いつまでも先輩に支えてもらうんじゃなくて、僕が後輩を支えるようになりたいと思います。ホテル三日月は日本一のホテルだと思っているので、僕もそれにふさわしい日本一のホテルマンになることが今の夢です。

ページの先頭へ戻る