最安値保障 ご予約・空室検索

「鬼怒川三日月神社」で安全祈願 Safety Prayer 「鬼怒川三日月神社」で安全祈願 Safety Prayer

「鬼怒川三日月神社」で安全祈願 Safety Prayer

日光東照宮 御分霊社
鬼怒川三日月神社 由来

 日光東照宮御分霊社三日月神社は令和2年9月、「平和の神様」徳川家康公を主祭神として祀る日光東照宮を分霊拝戴し、開業以来三日月神社に祀る月読命とともに、広く鬼怒川温泉全体の守り神として鎮座することと相成りました。

 造営にあたっては日光東照宮より授与された御神木「日光杉」を使用し、日光社寺文化財保存会宮大工「石川工務店」の技と思いを込めて建立されました。

 ことに徳川家康公は百年にわたる戦国の世を平定し、260年もの「天下泰平の世」を築き上げました。よって本御社は鬼怒川温泉に訪れる旅行者の安全を願い、平和の神、徳川家康公の御霊を分霊した社として建立したものです。

ご祭神
徳川家康公(東照大権現)
月読命(つくよみのみこと)

ご祭神には江戸幕府初代将軍・徳川家康公を神格化した東照大権現を主祭神としてお祀りしています。
また月読命は月、農耕を司り、夜を統べる神。
天照大神(アマテラスオオミカミ)の弟神で、素戔鳴命(スサノオノミコト)の兄神に当たります。

ご祭神
ご祭神
ご祭神
ご祭神
ご祭神
ご祭神
御触書 三日月グループ日光東照宮分霊の儀